授業内容

授業内容、及び自習室利用

集団指導(2コースのみ)

 

■小学生

①小学生英語(集団指導)

小学生にはまず英語に興味を持ってもらうために、教材は英語の絵本を中心に使っていきます。この授業では「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの項目をバランスよく指導致します。文法もやさしい表現を使って噛み砕いて教えていき、英語の文の構造を理解するのに役立たせていきます。

●「聞く」 ネイティブスピーカーが朗読する絵本のCDを聞きながら一緒に絵本を読んでいきます。絵と一緒にストーリーを追うことで楽しみながら英語を聞く耳を育てていきます。(CDには効果音なども入っており、楽しいですよ。)

●「読む」 CDを流した後にネイティブスピーカーの発音をマネながら絵本を読んでいきます。英語が使えるようになるには、運動ができるようになるのと同じように何度も何度も反復練習をする必要があります。ものまねするような感覚で一緒に読んでいきましょう。

●「書く」 文法中心のテキストを使って、ノートに単語や文を実際に書いていきます。書くことで表現の定着を図り、英語の文の構造をより深く理解していきます。

●「話す」 日常会話でよく使う表現などを紹介し、実際に話してみます。間違うことを恥ずかしがらずにどんどん間違えて下さい。間違えることが言葉を覚える一番の方法だと思います。

 “The only man who never makes mistakes is the man who never does anything.”

「ミスをしないという人間は、何もしない人間だけである。」

セオドア・ルーズベルト(第26代アメリカ合衆国大統領)

②小学生読書(集団指導)

 最近は活字離れが叫ばれています。私もこれまでの経験上、読解力の低下がいろいろな場面で影響しているなと感じることがあります。読解力を養う基礎は「読書」です。読書は読解力のみならず、語彙力、表現力も文章の中で使われているものを自然と吸収していくので無理なく培われます。また、読書をすることで感情も豊かに育っていきます。物語や小説の中に自分が入っていくという疑似体験を通して、いろいろ場面に遭遇することで経験値が増えていくからです。教材は教科書だったり、塾で用意する本や絵本、新聞などその生徒の状況を見て判断していきます。50分間授業全てを読書の時間とするのは集注力が続かないことが考えられますので、辞書を引く時間を設けたり、漢字の書き取りの時間にあてたり、私が朗読したりする時間を設けていきます。